HOME>トピックス>特別な礼服を着用したい場合における準備の方法

礼服を所有していない場合

新郎

礼服というのは冠婚葬祭で使用する正装であり、普段着るような服やスーツであっても適切ではなく、礼服が必要になります。礼服は普段着る機会が少ないので所有していない人もいますが、結婚式は事前に日時がわかるので、準備することが可能です。タキシードは燕尾服とも言い、結婚式で着用したのであれば購入してもいいのですが、貸衣裳でレンタルする方がいいでしょう。これは他の礼服であれば葬祭でも使用できますが、タキシードはおめでたい席で着るものであり、使用用途が制限されるからです。

冠婚葬祭で使用できる服装

新郎

冠婚葬祭は男性の場合はネクタイを変更するだけでいいのですが、女性の場合は服装そのものの色への配慮が必要になります。男性は黒の上下の礼服で全ての結婚式でも葬式でも使用が可能であり、タキシードは葬祭では使用しないという決まりがあります。タキシードは男性専用で、女性が着用することはありません。

礼服を購入する場合

礼服は専門店もありますが数が少ないので、紳士服を販売している店舗で購入するといいでしょう。ただしタキシードは礼服の中でも特別な服に該当するので、結婚式のように用意する時間がなければ選ばない方がいい服です。どうしても早期に求めるのであればレンタルする方がよく、貸衣裳を行っている業者であれば用意してもらえます。

礼服をレンタルする場合のメリット

礼服は普段着で使用するのは難しくなっていて、購入しても着る機会が少ないというのが実情になっています。大量に売れる服ではない上にタキシードはそれほど売れないので値段も高く、結婚式のように使用したい時に借りる方が最適でしょう。服は収納を続けていると逆にいたみやすくなってしまうため、保守という意味でもレンタルはおすすめです。

広告募集中